ステンレス薄肉管に、銅管に。
INOQUIC(イノクイック)継手で始まる新しい配管の世界を体験してください。

これがINOQUIC(イノクイック)継手。
inoquic_02.jpg(41260 byte)
 
ステンレス薄肉管(モルコパイプ)(※注1)の接続に使います。
inoquic_03.jpg(40106 byte)
 
施工はなんと・・ステンレス薄肉管を差し込むだけ
inoquic_17.jpg(43116 byte)
 
これでもう抜けません!
inoquic_18.jpg(43299 byte)

まず、ロータリーカッターでステンレス管をカットします。
rb_zukai.jpg(4591 byte)
この時外側にバリが出てないか確認します。外側にバリが出ていると、INOQUIC継手のOリングを傷めてしまい、漏水の原因となるからです。

バリのある時はリーマーなどで除去してください!
rex_382255.jpg(1533 byte)

どれくらい入ったかわからなくならないように、マーカーを使って印を付けて

 
このように挿入すれば安心!ちゃんと入っているか後からでもわかります。


ま、ここまでだったら他にもあるよとおっしゃる方もおられるかも。

でも、それだけじゃないんです。INOQUIC継手のすごいところは・・・。
このリムーバーを使えば


ほらこの通り・・・


・・あっという間にはずす事が出来ます

すごいでしょ!!

しかも何度出し入れしても水漏れが無いというのだから驚き!
何度も外せたり、挿入したり出来る(※注2)のはINOQUICだけです。

ステンレス薄肉管だけでなく、建築用銅管にもそのまま使えます。

既設銅管→INOQUIC継手→ステンレス管とつないでも電触の心配はありません。ステンレスと銅は電位がきわめて近いので大丈夫。メーカーさんでも実験済みです。INOQUIC継手はステンレス継手専門メーカーのINOC(イノック)の製品です。
 
INOQUIC継手にはもちろん種類が色々あります。





 
ボイラー交換時にボイラー回りの配管を出来るだけ短時間でやりたい。
 
業務用で、流し台のレイアウトを変えたりして、配管を変更する可能性があるのだが、配管強度の問題で耐熱塩ビとかではやりたくない。
 
リフォーム配管で、工具が使えない奥まった場所に既設配管がある。
 
モルコジョイントで施工してあるが、配管を少し延長するだけなので何かいい物は無いか?
 
銅管で給湯配管をやってあるが、井戸水なのであちこちから漏水している。狭い場所もあるので何かいい方法はないか?
 
ボイラーからカポリヘッダーまでの配管をきれいにやりたい。
 
・・・などなど、INOQUIC継手が活躍するシーンはたくさんありそうですね。
 
INOQUIC継手のお問い合わせはこちらまでどうぞ!  
注1)ステンレス薄肉管とは、建築用銅管と同外径のステンレス管を言います。
外径は13Suサイズが15.88、20Suが22.23、25Suが28.58です。
注2)13Su〜25SuのINOQUIC継手が対象です。尚、銅管はステンレス管より柔らかいので、抜き差しは最小限に止めてください。

 
こんな更新をしました
重要なお知らせ
このサイトについてのお知らせ
copyright (c) tamapon.com All right reserved.