ST(YT)継手用インコアを紹介します。

インコア写真

ポリパイプ用継手のST(YT)継手用インコアを紹介します。

これは、ST(YT)継手の、施工後に大きな力がかかった場合のパイプ(水道用ポリパイプ)の抜けを防止するものです。


STジョイントの構造

ポリパイプの継手であるST、YT継手はこのようにパイプを外側から締め付ける構造になっています。

砲金リングがパイプに食い込み、通常はそれだけで抜けません。

が、太陽熱温水器の配管など垂直に力がかかる場合や、地中に埋設されて、変則的な土圧がかかる場合などはパイプが抜けてしまう時があります。


PPとインコア

そんな、パイプの抜けが心配になる場合は、ポリパイプの管端にST用インコアを挿入しましょう。

前沢PE継手などのコアと違って、ハンマーで打ち込まずに手で押し込むことが出来ます。

表面がサンドブラスト加工され、ざらついているので滑り止め効果があります。


インコア挿入したPP

インコアを挿入した状態です。

直径はほとんど膨らんでいません。

インコア挿入済みPPと継手

そのままST(YT)継手でつないでください。

パイプの直径が膨らんでいないので、ST継手のパッキン、リング類も普通に入ります。

PPと継手接続後


パイプ内側にはインコアが入っているので、外側と内側から締め付けられています。もう抜けることはありません。

これで安心ですね!

こんな更新をしました
重要なお知らせ
このサイトについてのお知らせ
copyright (c) tamapon.com All right reserved.