そろそろ、冬の準備を。
雨樋のつららを防ぎましょう!
山清電気のEFD排水路ヒーター
高性能フッ素樹脂
ステンレスメッシュ被覆!

sansei-efd_01.jpg(29308 byte)

山清電気のEFD排水路ヒーターは、フッ素樹脂+ステンレスメッシュ被覆の強靱な構造で、排水路や雨樋の凍結防止と軒先のつららを防ぎます。
 
sansei-efd_03.jpg(13627 byte)
 
このような構造になっています。ヒーターを高性能フッ素樹脂で覆い、さらにステンレスメッシュで被覆しています。
 
ヒーター部の耐熱温度は150℃!難燃性と絶縁性に優れています。耐候性もばっちりです!
 
ヒーター部の直径はたった7φ。しかも弾力性に優れているのでよじれたり、折れ曲がったりしにくいのです。
 
sansei-efd_02.jpg(17071 byte)
山清電気のEFDヒーターは、このように雨樋や排水路に使用します。
 
排水路ヒーターというと、自己温度制御タイプ(※注1)が多いのですが、EFDヒーターは熱線+サーモスタットのシンプルな方式です。一長一短はあるものの、電気使用量を考えるとサーモスタット式の方が断然お得なのです。
 
外観図をご覧下さい↓↓。画像をクリックしていただければ拡大表示になります。
 

  クリックで拡大表示
 
表面がステンレスという事で、アース端子が付いています。信頼性の高い、MADE IN JAPANの商品です。
 
でも価格は従来の製品と変わらないように押さえてありますよ。↓↓
 
 
お見積・ご注文などのご依頼はこちらからよろしくお願いします!
 

sansei-efd_option.jpg(15410 byte)


←こんなパーツもありました。ヒーターの折り返し部や、-15℃以下で2本施工する時にお使い下さい。  
※注1)自己温度制御方式について:普段は一定量の電気が流れているがほとんど熱くならない。回りの温度が下がると電流が多くなり、ヒーターの温度が上がって凍結防止などの役割をする。ヒーター自体で温度制御をするので、温度が上がりすぎず、しかも接点が存在しないという特徴がある。ただし、常温でも常に電気は流れているので注意が必要。

こんな更新をしました
重要なお知らせ
このサイトについてのお知らせ
copyright (c) tamapon.com All right reserved.