サビレス!樹脂製の砂取器新発売!!

koyo_newstk_01.jpg(52852 byte)

コーヨーさんとしては、おそらくですが、何十年かぶりの新製品になるのではないかと思います。

鋳鉄製の砂取器一筋(推測 ^^;)でやってこられた様ですので。
少なくてもたまポンで砂取器と言ったら鋳鉄製のこれ↓
sunatori01.jpg(18228 byte)
コーヨーさんのは他社と比較してお安く、またメンテナンスも比較的簡単なのでお勧めしやすく、うちではずっとこれを在庫しております。
本体は鉄製なので頑丈。万が一チャタリングなどで上部のアクリル板にヒビが入った場合はアクリル板だけ取り替えればいい。

ただ、最近はポンプの樹脂化とサビレス化が進んでおりまして、吸込管の途中に鉄製の砂取器が入るのはどうなんだろうとも正直思っておりました。
まあ、毎日使っていればそこから出るサビはわずかで、井戸が鉄管打込式(一番多い)の場合の打込管からのサビの方がおそらく多いでしょうが。

また砂取器の重さの問題もありますね。ケーシング本体までも樹脂化に踏み切った日立さんだけでなく、他のメーカーも樹脂化が進んでおります。
重い砂取器はポンプ本体に余分な負荷がかかる場合がありますよね。

そんなご時世、ついに出してくれました。しかも今までより安いくらいのお値段で。

本体はスケルトン。中身が見えます。
koyo_newstk_02.jpg(84915 byte)
樹脂製なので補強がしっかりしてありますね。

koyo_newstk_04.jpg(37304 byte)
上蓋や、フランジを外すには六角レンチが必要です。取り付ける時には相手側が樹脂なので締めすぎないようご注意を。

ただ、最初に取り付けるときにはフランジや上蓋を外すことはまず無いので、ほとんどの場合六角レンチは不要でしょう。

配管の取り回しがギリギリな場合や砂取器自体を交換する場合にはフランジを外すことはあるかも知れません。
koyo_newstk_03.jpg(57753 byte)

ただー、ちょっと残念なことが・・

この砂抜き用のボルトが今までと同じ鉄製なんですよ。これで問題になる場合はほとんど無いでしょうけど。
koyo_newstk_06.jpg(52910 byte)
ただ、サビで外しにくくなったり・・という時のために、たまぽんではステンレスボルトをお付けして販売することにしました。

最後に重要事項です。この砂取器は吐出側には使えないのでご注意下さい。
水中ポンプとか、深井戸ポンプ(浅深ポンプを深井戸用に使用する場合も同じ)とか、吐出側または吸込側でも停止すると正圧がかかる等の場合は。この樹脂製の砂取器は使わないでください。

この樹脂製砂取器は負圧のみがかかる吸込管で使って下さい。
単純に耐圧の問題です。
吐出側に使用する場合は従来の鋳鉄製の砂取器を、アクリル板を厚手の耐圧仕様に替えてご使用ください。
  
お見積・ご注文などのご依頼、お問い合わせはこちらからよろしくお願いします!
 

こんな更新をしました
重要なお知らせ
このサイトについてのお知らせ
copyright (c) tamapon.com All right reserved.